2012年 11月 25日
11月23日(金) 本番前日 by文章
a0137796_23242029.jpg[日時] 2012/11/23(金) 08:30〜
[場所] 天シアター・やまんね
[参加者] (敬称略)若林 千葉 原 川田 田端 吉田ナ ビビ 宮原 持田 西 イツヤ 伊古田 タクト アキ 浩 ナミ 将大 みほ ミキ 
 
■■■[活動報告]
08:30~ 集合
役者は身体づくりを行い、一通り終わったところで若林流スクワットを20回~25回行う。これで、朝のウォーミングアップが終わる。
その後に転換連がはじまり、役者・美術・照明・音響とともに練習を開始する。まずはじめに明るいところから練習し、流れを把握してから暗転で練習。やはり美術さんはてきぱきと行動していただいたので、時間を縮めるこおとができた。
そして、心の中の衣装もここで修正を加えた。

10:30~ 最初の一本
役者はテンポを出すことを意識して、一本を通した。先程の転換連を含め、美術・音響・照明のスタッフで合わせを行った。この一本は1時間30分より少し過ぎた。今までなら1時間と40分くらいで、だいぶ縮まった。

13:30~ 休憩をはさんだ後の一本
今回はさらに衣装もあわせ、役者は先程とおなじテンポを意識し、相手にも意識することでより良くなる。

16:30~ ゲネプロ
お客さん8人でスタッフの数名も観客として一本を迎える。緊張感が高まりいい意味で身が震えてくる。お客さんが入るだけでもワクワクがしてきた。これがホントにお客を意識したものだと舞台に立って感じてきた部分であった。
その後、役者はおかしな点を改善し観客に分かりやすいように修正を加えて、明日からの本番に挑みます!

~終わり ミーティング
明日の集合時間の確認や、転換後の諸注意を行い解散となった。


■■■[感想] 文章
本番前日にお客さんが来ていただいて、いち早くお客さんの反応を知るきっかけとなったゲネプロ。お客さんが近いと反応もすぐ返ってくる・すぐ目の前でわかるので、演じて楽しい部分がここにもあると改めて感じました。ここで書いた日付は2日目だが、最終日みんなで笑って泣きましょう!
[PR]

by tetsubin1 | 2012-11-25 05:51 | Comments(0)


<< ■公演情報■ ※今回の公演は終...      11月22日(木) ~残り4... >>