人気ブログランキング |
<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 30日
2012年12月29日(土) 農天会2 byヒロシ
2012年12月29日(土) 農天会2 byヒロシ_a0137796_21332532.jpg【日時】2012年12月29日(土) 9:00~20:00
【場所】天シアター やまんね
【出席者】(敬称略)若林 小池 現役さん約80名 原 川田 田端 宮原 将弘 西 いつや 文章 ビビ なお 茂木 かめちゃん 浩

■■【活動報告】

▼天気予報では農天会前日の夜から雪ということでどうなってしまうか心配していたのですが、朝起きたら数センチ程しか積ってなく、一安心しました。寒いことに変わりはなかったですが。

▼やまんねへは少し早めに来ていたのですが、流石現役さん早い。8時ぐらいに一人目がやまんねの扉を開きました。それからも続々と現役さんがやまんねを訪れ、元気良く挨拶してくれました。
農天会1の時の小池先生の言葉を意識してくれているのか、みんな笑顔で挨拶してくれ、それだけで今回の農天会は成功するだろうな、と感じました。

▼全員揃ってからの流れは前回と同じで、現役さんの舞監さんを中心にミーティング、各チーフの挨拶を行い、各部に分かれました。

▼昼食は、前回の若林先生のカレーライスとかダメなのかな? という発言を気にしてかカレーうどんでした。とてもおいしかったです、素のうどんの方も良い味付けでした。
今回もなおさんは煮卵とさらに煮豚まで作って来て下さり、天末線・現役みんなで舌鼓を打ちました。

▼午後は茂木とかめちゃん、宮原さんに田端さんが現役の送迎を行い、15時頃には農工生全員がやまんねに到着しました。
かめちゃん、送迎のためにわざわざ来てくれて本当にありがとう!

▼5時半頃から一本通しに。前回の極楽トンボと同様自分は初見だったのですが、皆さんがおっしゃっていた通り、あっという間の1時間でした。ビフォーを知らないので、どれだけ現役のみなさんが成長したのかはわからなかったのですが、1時間観客を集中させ続ける力は感じました。
とってもよかったです、実際の大道具も気になっているので自主公演楽しみにしています! 

▼その後反省ミーティングに。農天会の感想と、農天会3に向けての改善点などを話し合いました。

▼そして前回と同様スイーツタイムに。今回は若林先生の和風というオーダーに応え、みたらし団子でした。美味しかったです。
 そのあとに全員で集合写真を取り、秩父一本締め。現役さん、本当にお疲れさまでした。良いお年を!

▼天末線の方は午後九時から忘年会へ。劇団400やサブ天の皆さんも合流し、それは楽しい忘年会になりました。宮原さん、指示ばっかりしないで・・・というのはその場限りの冗談なのでお気になさらないで下さい。というか恐らく美術で一番行動力があるのは宮原さんです、本当にこの半年間お世話になりました。
幹事のなおさん、小池先生お疲れ様でした。嘘でもお世辞でもなく、本当に天末線に入ってよかったと思えた時間でした。


■■【感想】(ヒロシ)
2012年12月29日(土) 農天会2 byヒロシ_a0137796_2331496.jpg皆さん農天会、そして忘年会お疲れさまでした。
自分は美術部で作業をしていたのですが、今回は現役さんの本職の美術が多く、なんと午前は11時半ごろには作業終了。途中で合流した茂木と一緒に現役さんの皆さんとワイワイしていました。

午後も4時頃には本棚と下駄箱が完成、そして落書きタイムへ。上で使う物だから落書きしてもいいよ、と言った時の現役さんのテンションに今日一番のエネルギーを感じました。
4時半頃に落書き終了。他の部の皆さんも上の下駄箱や本棚の後ろをそっと覗けば、現役さんのエネルギーをバンッと感じられる出来になっていると思います。

反省点としては、自分が開き切れていなかったなということです。
最初3人ぐらいでペンキ塗りしている時は色々話せたのですが、人数が増えるのと反比例して口数も減ってしまいました。
しかし、もうこれは馴れと自分の心の問題なので次回、その次回と農天会を重ねるに連れて完全に開けるよう頑張って行きたいと思います!

今年1年お世話になりました、また来年もよろしくお願いします!


次回の活動は1月12日の夜7時からです。

by tetsubin1 | 2012-12-30 17:21
2012年 12月 25日
■’12/12/23(日) 農天会1 byちば
■’12/12/23(日) 農天会1 byちば _a0137796_21341112.jpg【日時】2012年12月23日(日) 9:00~19:30
【場所】天シアター やまんね
【出席者】若林 小池 現役さん約80名 原 川田 田端 宮原 タクト 奈美 将弘 ひろしちば 

■■【活動報告】
▼12月もあと一週間程の、めちゃくちゃ『寒い』秩父で、めちゃくちゃ『熱い』「農天会1が開催されました。
▼まずは、現役舞監さんを中心にミーティング。一日の流れや、各チーフのごあいさつ。
▼その後は、夕方の「極楽トンボの終わらない明日」本番まで、美術部、給食部、演出(役者)部に別れ各作業。
▼お昼は給食部の作ってくれた「けんちんうどん」に皆で舌鼓。奈央ちゃんからも、お稲荷さんと煮卵の差し入れもあり笑顔の昼食でした。(↑写真)
▼17:00までには、自主公演のチケットの街頭販売をしていた現役さんも合流し、満席の中「極楽トンボの終わらない明日」本番。
高校生で本番をやまんねで行ったのは初(これちょっと自慢できます!)で、金棒でやっつける鬼が、スタッフに金棒でノックアウトされる等ハプニングもありましたが、大爆笑の中無事終了。
▼その後は、全体でミーティング。来週の「農天会2」に繋がるように次回までに改善できる点を挙げていきました。
▼ミーティング終了後、給食部のサプライズでイチゴのショートケーキが振る舞われました。
皆に気付かれないように、給食部全員で生クリームをシャカシャカしてくれていたようです。メリークリスマス。
▼最後はモチロン秩父一本締め。いい年越しが……。いやいや来週の「農天会2」も成功させてよい年をむかえましょう!
▼その後……、天末線と現役舞監は少し残り「農天会2」の打ち合わせを行いました。


■■【感想】(ちば)
▼皆さん、お疲れさまでした。現役の方と一緒に何かをするってのは、ほんと久しぶりで、
現役の「若さ」や「やる気」は、同じ空間にいるだけで、エネルギーもらえて自分も現役時代に戻った感じでした。
若林先生やコイケ先生の若さの秘密がわかった気がしました。

▼自分は演出(役者)部で、一日を過ごしたわけですが、個人的には、演出を勉強させてもらおうと参加させてもらいました。
役者を長くやらさせていただいていたので、何となくはわかっていたハズなんですが……、若林先生が用意してくださった資料を基に演出を見ていると、今こういうコトをしているのかなど、なるほどと思うことが沢山あり勉強になりました。これは演出する時にはもちろん、役者をやるうえでもこれから役立つと思います。

▼「極楽トンボ…」は、主に1~2年生で組んでいるにも関わらず、皆、センス(感度)がよく、演出の直しをドンドン吸収し、時間があればもっと伸びるのだろうなぁ~と思いながら見させてもらいました。最後の一本は、文化祭のDVDとは比べものにならないほどいいものになってました。自主公演楽しみにしてます!

▼今回の農天会は失敗覚悟でということでしたが、役者チームもスタッフチームも給食チームも有意義な時間が過ごせたようです。お昼や最後のミーティングの皆の顔を見ているとそんな気がします。
現役の皆さん!是非来年この企画続けていきましょう!次回は短い芝居を一緒に作れたらなんて個人的にはおもってます。

▼あっ。それから、皆野ヤオコーでチケットを手売していた(一年生と三年生?)現役の方うちのおふくろがお世話になりました。
寒い中頑張っている高校生を見て70過ぎのおばあちゃんが感動してました。おふくろも自主公演観にいくそうです。

by tetsubin1 | 2012-12-25 07:46
2012年 12月 15日
■’12/12/15(土) 農天会1・現役さんとの打ち合わせ byはら
(和やかな打ち合わせ風景)
■’12/12/15(土) 農天会1・現役さんとの打ち合わせ byはら_a0137796_23181573.jpg【日時】2012年12月15日(土) 18:00~19:30
【場所】清心館 文芸部屋
【出席者】小池先生、現役さん5人、宮原、はら

■■【活動報告】

▼12月が半月が過ぎました。今年もあと半月です!早いなぁ…。と感慨にふけっている場合ではないですよ!来週は、「農天会1」です!!

 現役さん側からの提案で、さっそく本日、清心館にて打ち合わせをしてまいりました。
 美術部代表・宮原くんと、給食部代表・不肖ワタクシ原の2名で行ってきました。

 いや~、まずは清心館が久しぶりなことに、改めて「現役さんとの交流が減少」していることを実感。来週の「農天会1」で今までの空白をギュギュッと縮めましょう!!

▼まずは、打ち合わせのために、残ってくれた部長さん、副部長さん、「農天会2」の演出さん、舞監さんも含め、ごあいさつ。私の都合に合わせていただいて、遅くまで残っていただいて、スミマセンでした。

 ごあいさつのあとは、舞監の木下くんを始め「農天会1」の中心メンバー5人と、美術作業と給食作業の打ち合わせ。

▼美術部
 現役自主公演の看板作りについて、やまんねでの作業内容と作業にあたる現役さんの人数、必要な道具やそれぞれの準備について確認。当初は、現役スタッフ全員で看板作業の後、昼食づくりという計画でしたが、朝から美術部と給食部の2つに分かれて作業をすることに変更。

 看板は、清心館で形にした状態で運び込むため、下駄箱づくりの作業にも順次進んでいくことになりました。あとは、花道の手直しや客席最前列床のパンチ敷き作業も行おうということに。午後は、その続きです。
 午前中は、看板作業に4人、下駄箱他に6人です。

 当日、キャスト練習や最後の1本上演のための、舞台上をどう作るかも確認しました。

▼給食部
 フードデザイン科の1年生(!)と2年生のお2人が参加。専門のお勉強しているので、頼りになります。ガスとコンロが借りられる当てができたので、「けんちんうどん」づくりに挑戦することにしました。
 
 作業にあたる現役さんの人数、用意してほしい調理道具について確認。朝から買い出しも一緒にすることにしました。給食部には6人入っていただきます。

 昼食後は片付けして、午後の作業に分かれます。

▼午後は、美術6人、衣装5人、スイーツ班5人に分かれて、それぞれ作業。
 衣装は、天末線の衣装の整理作業を一緒に行う計画です。現役さん、お世話になります。

 スイーツ班とは何ぞや?と思ったアナタ!当日のお楽しみ企画です。心待ちにしててください。

▼パート別の打ち合わせ後、全体の流れも確認。
 「農天会1」の最後は、「極楽トンボの終わらない明日」を上演、全員で芝居を見ます。
 上演後のミーティングへ移る流れは、キャストの着替えや客席等簡単な片付けをして、ミーティング。当日の反省点を振り返りと次回への確認をして、全体ミーティングをします。
 おおまかな流れはこんな感じです。

■■【感想】(はら)
▼今日は、打ち合わせの時間を作っていただいて、感謝です。やはり、顔を合わせて話し合うと、「あれ、これはどうする?」「ここはこうした方がよくない?」といろいろと出てきますね。また、アイデアもそれぞれの視点から出てきて、内容が膨らんできます。
 久しぶりに、現役さんとしっかり関われました。初めは緊張してたかな?(私が緊張させてたのかも…)でも、和気あいあいと充実した打ち合わせ会でした。
 当日は、もっとたくさんの現役さんと一緒になります。今からとっても楽しみです。

 天末線の皆さん、朝からボリュームたっぷりの内容です。くれぐれも、遅刻しないように!

by tetsubin1 | 2012-12-15 23:04
2012年 12月 10日
■公演後の片付け・・byみき
■公演後の片付け・・byみき_a0137796_22282512.jpg(←綺麗になった舞台)

【日時】12月9日
【参加者】はらさん、たばちゃん先輩、なおさん、持田さん、ビビさん、西さん、宮原さん、文章先輩、ヒロシ先輩、将大先輩、なみ先輩、かっちゃん、みき

■■【活動内容】
客席、舞台、楽屋を次回の農天会のために片付けをしました
舞台の装置も完全に撤去してさら地状態なので農天会では広々と舞台を使えると思います
楽屋も居心地よく寝れそうです、

2012年の天末線の活動は公演で終わりませんよ!
残りの1ヶ月農天会に向けてまだまだ突っ走りますーー!

by tetsubin1 | 2012-12-10 11:54
2012年 12月 02日
■’12/12/02(日) さあ、次の活動へ byはら
11月25日夜の部・公演後の小合評会
■’12/12/02(日) さあ、次の活動へ byはら_a0137796_11524354.jpg【日時】2012年12月2日(日) 10:00~14:00
【場所】やまんね 2階 制作部屋
【出席者】若林先生、小池先生、千葉センパイ、川田、田端、ナオ、ビビ、持田、テルミ、ヒロシ、なみ、みき、そうちゃん、はら

■■【活動報告】
▼「アウト・オブ・サイト2」公演も無事終わり、次の活動に向けて話し合いをしました。
▼まずは、直近の現役との交流会。
題して「農天会」!!
やまんねができてから、私たち天末線メンバーが清心館へ行くことがなくなってしまい、現役との交流が減ってしまったのです。お互いの公演本番を見るというだけでは、OBと現役との“つながり”がイマイチ深まらない…。
そこで、「農天会」です。小池先生と現役さんで、原案を作っていただいたのをもとに検討。
日程は、12月23日(日)、29日(土)の2日間。2日間に分けて、2本ある自主芝居をやまんねで直し。最後には、1本上演します。
途中、お昼を作って一緒に食べるイベントもはさみます。天末線給食部、がんばりますっ!!
一部現役さんは清心館での活動になるのですが、最後の上演は全員で見ます。

スタッフも、照明、美術、衣装と各パートでそれぞれ現役さんとの取り組みを考えてます。

 “演出を育てる”
天末線もキャスト、スタッフとも成熟してきていますが、“演出”だけは若林先生担当になってしまっているのが現実。演出の層が厚くなると天末線の活動もグット幅が広がるはず!この「農天会」で、天末線メンバーが現役の芝居を直してみる。それが、天末線の演出を育てることにつながる。
農天会」は天末線としても次のステップへと進むきっかけです。

やまんね・お~ぷん2013
次なる検討課題は、次回公演。
いくつかの団体が集まって公演を作る「やまんね・お~ぷん」。来年で2回目ですね。やまんねでの公演としては5回目です。
日程は、6月22日(土)、23日(日)、22日は16:30開演の夜公演のみ、23日は12:30開演の昼公演と・夜公演の2公演、合計3公演の予定です。

参加団体は、天末線、劇団400、みどり、花古見、劇団SHOW、現役、に加えて、今回の公演を見に来てくださった、「劇団Q」さんからも参加意向の声がありました。
 
公演のコンセプト、共通テーマについて、若林先生から「舞台を駅にするイメージがある」と発案が。すると、小池先生から「じつは駅を舞台に短い台本を書いたことがあって」と言われ、「じゃ、何本かすぐ書けるね」という流れに。小池先生、よろしくお願いします!! とまあ、「駅」で芝居を作ることが決定になったわけではないのですが、同じ空間を舞台に短い芝居を何本かと、天末線は60分以内の芝居を作る、という今回の公演の原案ができました。
劇団Qさんの参加の仕方には、もっと検討が必要。相手方の意向もちゃんと確認して、具体的にしていくことになりました。

やりたい台本、書きたい台本がある方、どうぞ積極的にご意見ください。

台本が決まったとして、動き出すのは3月末から。「アウト」の公演は練習期間がなかったので、やはり3か月は必要。
3月末から本格始動ですよ!!

もちろん、それまでの間もやまんねの「使い勝手向上活動」は続きます(よね?)。

▼記録係
公演ごとに記録をちゃんとする、これが大事と若林先生から。アンケートや映像・写真などまとめる係を作りました。なみちゃんが立候補!なみちゃん、よろしくお願いしますっ!!

▼Sub天、現役の観劇についても話し合いました。
正直なところ、Sub天無しでは公演できません。現役さんも観客として数が増えるのは助かります。
今日のところは結論が出ず、また検討することになりました。


■■【感想】(はら)
▼一つの公演が終わり、次の新しい活動へと進んでいきます。今回、「農天会」という新しい取り組みをします。天末線としては、「演出を育てる」というひとつのポイントとなるんだな、と思いました。

もちろん、現役さんとの接点となる訳ですから、大事にしたいですね。私に限って言うと、今年度は現役さんの芝居、まったく見ることができてないのです。いつも、「私に何が伝えられるだろう?」と思うのですが、固く考えずに、充実した2日間にしたいな、と今は思っています。オバサンですけど、現役さんよろしくお願いします。

公演を重ねるごとに、いろいろと課題は出ます。課題をクリアしていくことで、個々のメンバーも、「天末線」という集団も成長していきます。つまずいたり、ぶつかったり、へこんだり、ギクシャク、もあるけど、過ぎてみると「ああ、そんなこともあったね」と笑い話になる。そいうのっていいなぁ、と思います。

よしっ!また次の一歩だ。

by tetsubin1 | 2012-12-02 22:18