人気ブログランキング |
<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年 07月 31日
7月27日(日) ミーティング by文章
■日時:2014年7月27日(日) 10:00~13:00
■出席者:若林先生、原さん、奈央さん、田端さん、宮原さん、持田さん、ぺいくん、文章

天末線にMr.ムードメーカー文章が帰ってきた! 劇団MFTと掛け持ちすることに・・・。(by鉄びん)

■活動内容
今回はミーティングをメインに活動しました。
MTFを始めとした報告から今後の活動の事、以前の映画エキストラについての話しが出てきました。
7月27日(日) ミーティング by文章_a0137796_22073585.jpg


ミーティング後はスタッフ作業としていたのですが、突然の雷雨で断念し(ベニヤ等の運搬で雨の中大変なので)、続きは次回の活動日にとなりました。

■感想
トイレが洋式となったのを初めて見ました!
でも湿度が高く、ドアが渋かったり床が濡れていたりと掃除が大変そうです。
芝居からだいぶ離れましたが、再びお世話になりたいと思います!

by tetsubin1 | 2014-07-31 20:20
2014年 07月 24日
■「劇団MFT」が天末線に誕生記念日 2014.7/23(火) by鉄びん
【日時】 2014.7/23(火) 20時00分~21時30分
【出席者】 奈美 みき しおん 文章 ペイ (大森は欠席?)
【場所】 もちろん「やまんね」
■「劇団MFT」が天末線に誕生記念日 2014.7/23(火) by鉄びん_a0137796_19554226.jpg

■■【活動内容
いやあ~、新しい可能性を目指して、天末線の中から新しいグループの誕生です。

劇団MFT(Monday-Friday inTenmatsusen)

奈美のmiから出発して、平日に活動するグループを手探りで始めました。
集まって最初のmi。
いやあ~、みんなノル気とヤル気充分。
一応月4で、曜日はその都度決める。
しおん以外は8時からなら、いつでもOKなのが心強い。
しおんの夜勤が1月前には決まるので、それに合わせて出来るだけ早めにスケを決めていくつもり。
活動時間を考えて、台本は30分~40分のものを創るか(誰が?)選ぶかする。
現役が支障なければ、自主公演の中に混ぜてもらうつもりで取り組む!
ペイはチョイ役ならば、舞台に立つ気充分。
次回開催は(台本持ち寄り)8月6日(水)8:~になる予定。
天末線のおじさんおばさん方、応援ヨロシコっす。
これ以後、MFTの活動はくここにアップいたしやす。


■■【感想】 奈美
お疲れ様です!
MFT、うまく滑り出して本当に良かったです。
皆と予定が合わなかったとしても、1人でもやりたいと思っていたので・・・。
ミーティングに出た皆が乗り気だったことがとても嬉しかったです。
天末線の人達がチーム名や色々考えてくれたことを聞いて、本当にありがたかったです。皆さんの暖かさを感じました。
やりたいっていう気持ちがあって、環境が整っていて、一緒に出来る仲間がいることの有り難さを感じたミーティングでした。潜在的に芝居をやりたいと思っている人のキッカケになれたらいいな・・・、と思います。

私の我儘から始まったMFT、大事に、初心を忘れず、楽しんでやっていきたいです。
先生、ありがとうございます。
改めて、よろしくお願い致します!


■■【秩父演劇ニュース
▼な、なんと清心館にクーラーが入りましたぞ!(大型が4個)
小池先生頑張ったッスね。
ミーティングの様子と一緒にアップしときました。

■「劇団MFT」が天末線に誕生記念日 2014.7/23(火) by鉄びん_a0137796_2171670.jpg■「劇団MFT」が天末線に誕生記念日 2014.7/23(火) by鉄びん_a0137796_2173610.jpg

by tetsubin1 | 2014-07-24 19:38 | MFT
2014年 07月 13日
’14/07/13(日)次回公演&今後の活動についてミーティング byはら
■日時:2014年7月13日(日) 10:00~13:00
■出席者:若林先生、千葉先輩、ビビちゃん、宮原くん、持田くん、ヒロシくん、まーちゃん、ぺいくん、はら

■活動内容
次回の公演、今後の天末線活動についてのミーティング。
’14/07/13(日)次回公演&今後の活動についてミーティング byはら_a0137796_18372328.jpg若林先生からの提案で、「関わりたい、けど日曜日は仕事」という人が特に若手に多くなってきていることから、そういう人たちで平日に活動する、という新しい展開が。
若手(young)の平日(weekday)ってことで「YW部」
該当する若手に意見を聞いたところ、手ごたえのある反応が返ってきた、と若林先生からの報告。
この活動が始まれば、天末線の可能性が広がってくる。

「YW部」の活動は、みんな賛成。
ただし、本番があっての練習なので、本番をどうするかが課題。

次に、天末線としての次回公演について。
12月の単独公演が次の目標だったけど、キャストの人数が当初考えていたのと状況が変わり、若林先生としては、台本のアイデアを出す時間が欲しい、とのこと。
台本案は、男2人のガッツリした台本、または構成をしっかり作ったオムニバス。オムニバスの場合、若林、小池、マサヒロで2本ずつ台本を書く、という案も出た。
また、全部男2人芝居でなく、時々女が出てくるのもアリ。ビビちゃんも、10のうち5くらいのボリュームなら役者OKとのこと。

ここまで話して、12月の単独公演をオムニバスにして、YW部の芝居もオムニバスの1つとして関係づけて本番を行うと、先ほどの「本番をどうするか」の課題解消となるという案が出た。
もしくは来年のやまんねOpenに出るという案。

最年少、ぺいくんから、「農工自主公演と合同公演は?」というアイデアが。
現役との関わりも密にできるし、農天会とはまた違った関わり方ができる。やまんねができてから、現役とOBでバラバラな活動になっている、それはもったいない。
ただし、これは現役の皆さんのご意見を聞かないと。
あと、1時間の芝居を3本観るってことが、お客様にとってきつくないかって意見も。

でも、「1回公演で終わってしまうのはもったいない」という話も今までに出ていた。やまんねで単独公演をして、自主にも出てっていうのもアリじゃないかと。

さらに、熊谷地区の他の団体との合同公演をして、やまんね公演・現役自主公演・熊谷公演、とすれば、1つの芝居で3回本番ができるっていう案も出た。

自主に来るOBは多いので、YW部が自主に出ると、やりたいと思っている若い世代がつながるのでは?という、若手の浩くんから意見が。
おお、なるほど、と思ったのでした。

「平日に活動すること」の名称を決めるのに迷走。
「カッコイイのがいい!」という意見を出発点に、アイデアを練り始めた。
YW部で話は進んでいたのですが、「W」が言いにくい。
平日なら都合がつくのは若手に限らないから、「平日部でいいんじゃない?」って意見が出て、「でもカッコイイのがいいよ」で、話は平行線に。
平日は月~金だから、monday-fridayってことで「MF」からの、天末線のTも加えて「MFT(仮)」で落ち着きました。
でも、なんとな~く「平日部」って言ってそうな予感が・・・。

■まとめ
台本は、もう少し時間をかけて、男2人の話で、アイデアを出していく。
その間、やまんねの補修・改修は進めていき、まずは、照明ブースの出入り口の改修から行う。
YW部には、他のメンバーも顔を出して、サポートしていくことが大事。

■感想
新展開、MFT(仮)。仕事の都合で参加しにくい、でも「芝居やりたい!」仲間が関われるのは、大きな一歩。
充電期間にする、なんて意見を私は出したけど、後ろ向きでした。反省。
天末線は可能性を広げながら、進んでいく。ハハ。
その時々の状況で、「今、どんな活動ができるのか」を考えながら、天末線は成長していきます。

■次回の活動
7月27日(日)10:00から。
照明ブース出入り口の改修作業します。

■おまけ
2階の大きい和室に新しいエアコンがつきました!
やまんね快適化、着々と進行中~♪
’14/07/13(日)次回公演&今後の活動についてミーティング byはら_a0137796_18391658.jpg









(日立製なのは、誰かさんが嵐のファンだからじゃないよ。)



by tetsubin1 | 2014-07-13 18:48
2014年 07月 01日
6月29日(日) 後片付け&ミーティング by将大
【日時】 6月29日(日) 10:00~16:00

【活動場所】 天シアターやまんね

【メンバー】 若林、千葉、原、ビビ、宮原、ナオ、持田、ヒロシ、奈美、ぺい、将大

【活動内容】

11:30まで公演の片付け。
片付けるまでが公演ですよ。
午前中は良い天気だったので畳んだテントを乾かしたり、ロビーの床を水で流したり。

6月29日(日) 後片付け&ミーティング by将大_a0137796_23395518.png


舞台や客席もスッキリして、「いつものやまんね」に戻っていきました。

6月29日(日) 後片付け&ミーティング by将大_a0137796_2346134.jpg



昼食後はミーティング。
今回の公演の良かった点、悪かった点を挙げていきます。
制作部屋にエアコン&雨戸をつけることも決定。

そして次回公演について。
次回公演は若林先生が脚本を書いてくださる予定なのですが、どうも状況が変わってきました。
出られる役者の数が減ってしまったのです。
チョイ役くらいならという人を除くと、次回ガッツリ出られるのは
6月29日(日) 後片付け&ミーティング by将大_a0137796_23543936.jpg








 ↑ タバタ先輩と

6月29日(日) 後片付け&ミーティング by将大_a0137796_23564665.jpg







 ↑ 将大
この二人だけに。
「男二人」というのは若林先生の構想にはないということで、
今回考えていた芝居は実現が不可能になってしまいました。

天末線のコンセプトは、芝居を”ゆるく”楽しむということ。
仕事や家庭の用事が忙しかったら抜けてもいいし、またやりたくなったら戻ってきてもいい。
そういう自由さが、天末線の長所であり、アキレス腱でもあったのです。
参加できる人がいなければ芝居はできない。
当たり前の、しかし重要なことです。

予定していた芝居はできそうにない、ではどうしようか、というお話が、今回のミーティングの核となりました。
公演をしない=一回休みというのも一つの手です。
やまんねの改装など、やることはたくさんあります。
ただ、次回の公演は記念すべき40回目なのです。
どうせなら第40回公演は天末線の単独でやりたい、そして、やるからには40回公演らしいものにしたい。
「天末線の新たな出発」、それがテーマになります。

とりあえず今回のミーティングでは「何かしら芝居をしましょう」ということでなんとなく話はまとまりました。
次回のミーテングは7月13日(日)。
それまでに、「やるならどんな芝居をするか」をみんなで考えて持ち寄りましょう。

今回のミーティングは天末線という組織の在り方について改めて考えさせられるものになりました。

by tetsubin1 | 2014-07-01 00:22